• 当院のコンセプト
  • アクセス・診療時間
  • 料金について
  • 初診予約

当院について

「部分矯正」とは、その名の通り、歯の全体を矯正するのではなく、出っ歯っている歯などを「部分的に」
矯正する治療法です。全体の矯正より料金も安く、短期間で治療ができるので、多くの方に人気の治療方法の
一つです。
部分矯正には歯の状態によって「出来る」場合と「出来ない」場合があり、治療方法なども変わります。
部分矯正を希望されている方は、1度初診にて実際に歯を診てもらうことをオススメします。その場で、
あなたの歯に最適な治療方法を判断し、お伝えすることができます。

歯ぎしりについて 知覚過敏について 矯正でよくある質問 アクセス・診療時間のご案内 当院のアロマテラピー スマイルトレーニング 歯みがきレッスン
  • ディスキング インプラント矯正
    プロファイルチェンジ ワックス処置
  • スーパーフロス マウスガード
    リテーナー 歯間ブラシ
番号をクリックすると切り替わります

部分矯正について

部分矯正とは

部分的に気になっている部分だけの歯を移動し、歯並びをまっすぐにさせる方法で、部分矯正、小矯正、MTM (Minor Tooth Movement)と呼ばれています。気になるガタガタだけを改善する方法です。
短期間・低価格で気になる歯並びの部分だけ治療が出来るというメリットがありますが、歯の状態によって部分矯正がどのような形で出来るかが異なりますので、ご検討される方は、初診を受けて、まずは実際の歯の状態を見せて頂けましたら貴方に合った治療方法と料金、期間についてしっかりご説明させて頂きます。

部分矯正の装置について

部分矯正でも、本格矯正でも、矯正装置の付く範囲が異なるだけで、基本的に同じ矯正装置を用いて治していきます。ですから、矯正装置を表側に付けること も、裏側に付けることも出来ますが、咬み合わせの状態によっては期間、方法も変わる場合があります。取り外しの可能な装置で直すことも可能です。

■部分矯正の装置の種類
自分で取り外し可能な装置 自分で取り外し不可能な装置
(1)プレートタイプ
(2)ポジショナータイプ
(3)クリアーリテーナータイプ
(4)ブラケットタイプ
(5)リンガルブラケット

リテーナータイプ
(マウスピースで取り外し可能)

リンガルブラケット
(裏側につけて見えないタイプ)

ブラケットタイプ
(オーソドックスなタイプ)

部分矯正が出来るケース

部分矯正は、歯の症例によって、出来るケースと出来ないケースがございます。
出来るケースの歯並びの症例をもちいて、部分矯正の治療例に関する一例を紹介します。

6ヶ月後
前歯の隙間で出てる
10ヶ月後
下の歯の凸凹・大
前歯が出ています
前歯がガタガタ
出来るケースをもっと見る
■部分矯正の症例と治療の一例
前歯が出ています
仕事柄、目立つ装置は付けられない
では取り外しの装置で直しましょう
10ヶ月後
クリアーリテーナーで
少しずつさらに改善
ここまで治りました
10 ヶ月経過、ここまで治りました
前歯が出ています
上の歯の並びと少し出ている
のが気になります
6ヶ月後
上の全ての裏側装置にて部分矯正
10ヶ月後
8ヶ月できれいになりました
治療例をもっと見る

部分矯正の初診を受ける

治療開始から終了までの流れ

1.初診(30分)

初診予約をしていただき、部分矯正治療についてカウンセリング。
口腔内状態をチェックし、部分矯正、費用、期間、装置の種類などを、詳しくご説明します。
部分矯正の場合、まずご希望内容が部分矯正で可能かどうか?大切です。

2.精密検査(30分)

診断のため、部分矯正のための精密検査が必要となります。
診査診断のために必要な情報を得るため、レントゲン、模型、写真撮影の検査を行います。

3.コンサルテーション(45分)

検査結果をもとに、治療方針、期間、費用などを説明します。
コンサルテーションの後、まず部分矯正治療するかどうか、装置の種類の決定を、よく考えて決めていただきます。

4.矯正前資料採得・装置装着(一回目来院)

矯正治療をする前の資料を採取します。
装着前のブラッシング指導について説明します。

その日に、矯正装置を装着します。
装着後のブラッシングの指導や装置についての注意点などをご説明します。

5.定期的な治療

4週間に一度来院していただき、ワイヤーの調節や、マウスピースの調整をおこないます。

6.装置除去・矯正後資料採得

矯正装置をはずします。しかしまだ安定していないので、歯の後戻りを防ぐため、
リテーナー(保定装置)を使います。

7.保定期間

6か月に一度来院していただき、1年間、リテーナーのチェック、クリーニングを行います。

8.メンテナンス

歯の状態の最終チェックをし、あなたの治療を終了します。その後のアフターケアも大切です。
ご希望の方には、その後6ヶ月、1年の定期健診コースにてメンテナンスを続けさせて頂きます。

部分矯正の料金表

下記は部分矯正治療を希望した場合のえびす矯正歯科における料金で矯正治療費としては部分基本料+装置料となります。
部分治療の場合それぞれ装置の種類で装置料が変わりますのでわかりにくい場合はお問い合わせ下さい。
初診料 2,000円
精密検査料 30,000円
部分矯正の内容
前歯2本まで 部分基本料
10万円
装置料
セラミック(白い装置)  2万円
見えない装置(リンガル) 5万円
3-3まで
部分基本料
20万円
装置料
セラミック(白い装置)  5万円
見えない装置(リンガル) 15万円
片顎のみ 部分基本料
40万円
装置料
 セラミック(白い装置)  5万円
歯の裏側の装置(リンガル) 25万円
上下3-3まで
部分基本料
40万円
装置料
セラミック(白い装置) 10万円
歯の裏側の装置(リンガル) 25万円
調整料 調節料 (月に1回 5,000円)
保定管理料 30,000円 (月々の調整料は1年間無料となります)
▼まずはお気軽に、初診を受けることをオススメします。
実際に歯を診てもらい、治療に関しての詳細を知ることができます 。
部分矯正の初診を受ける
トップページ | 当院について | 院長紹介 | 治療の流れ | 矯正について | 部分矯正 | インビザライン | クリアライナー | インコグニート | ホワイトニング・クリーニング
初診予約 | よくある質問 | 料金のご案内 | アクセス・診療時間のご案内 | skype初診相談 | お問い合わせ | サイトマップ