• 当院のコンセプト
  • アクセス・診療時間
  • 料金について
  • 初診予約

当院について

皆さんが「矯正をしたい」と思った理由は何でしょうか?また、「矯正をしたい」けど、「迷っている」
理由はございますか?
当院では、これから矯正を始める患者様に少しでも「矯正とは何か」を知って頂けるよう、症例や治療例を
交えて、詳しくご紹介しております。
「歯の矯正」について、より知識を深めることで、あなたが今、どんな歯の状態で、どのような治療を行って、
どんな歯の形になれるのか、自分なりのイメージがしやすくなるかと思います。

歯ぎしりについて 知覚過敏について 矯正でよくある質問 アクセス・診療時間のご案内 当院のアロマテラピー スマイルトレーニング 歯みがきレッスン
  • ディスキング インプラント矯正
    プロファイルチェンジ ワックス処置
  • スーパーフロス マウスガード
    リテーナー 歯間ブラシ
番号をクリックすると切り替わります

全体の矯正

矯正をすることの大切さとは

歯の機能は、かみ砕く、飲み込む、発音するなどがあります。
歯並びが不揃いで咬み合わせが悪い不正咬合の場合、歯は正しい機能を果たせません。
虫歯や歯槽膿漏になりやすく、口臭の原因にもなります。胃腸にも負担がかかるばかりか、筋肉や骨格など、体全体にも悪影響を及ぼします。肩こりや腰痛、あ るいは肥満や便秘の原因になることもあるのです。歯並びが原因で生じる身体の障害は、思っている以上に多いのです。
矯正治療は、歯の機能を回復させるだけでなく、体のバランスを理想的な状態に甦らせます。
血液の循環も良くなり、新陳代謝も活発になり、また免疫力も高めます。見た目だけでなく、心と体の健康にも大切なことなのです。

きれいな歯並びとは

審美的な美しさ

■「正中線」が1直線に並んでいること

「正中線」とは「上前歯2本の間の点」と「下前歯2本の間の点」を結ぶ線のことで、垂直になる状態がきれいな歯並びとされています。

■歯がデコボコ凸凹に生えていないこと
歯がデコボコに生えていることを歯科学的には「叢生(そうせい)」といいますが、歯がきれいに生え並んでいることが大事です。

■上下前歯の噛み合わせが正しいこと
「出っ歯」や「受け口」ではなく、上顎の歯が下顎の歯の上部を数mm程度被っている状態がきれいな歯並びとされています。
ただし下の歯が見えないくらい噛み合わせが深く、被り具合が大きい状態(過蓋咬合)は除きます。

外見上の顔の美しさ


■正面から見た顔の美しさ
顔の真ん中にまっすぐな1本のラインを引いて、ライン上に顎の先端がある場合は顔のバランスが美しいとされています。
逆に顎の先端が左右どちらかにずれている場合は骨格や歯並びの悪さが顔の形に影響を与えていると考えられます。
また、にっこり微笑んだ時に上の歯茎があまり見えないことも美しさの目安となっています。

■横顔の美しさ
「エステティックライン(Eライン)」とは、鼻先と下顎の先端部分を線で結んだラインのことを指し、口元が整っている美しさを判断する基準となっています。
成人の方の場合はエステティックラインに対して上唇がラインよりやや後方、下唇がライン上にあることが美しい口元とされています。

機能的な美しさ

口は「ものを食べる」、「言葉を話す」ためにあるものですから、歯並びが悪いと咀嚼(そしゃく)機能が低下して消化が悪くなったり、顔色にも影響を及ぼすことがあります。
また、歯並びが悪いと発音の際に歯と歯の隙間から空気が漏れて正しい発音ができないこともあります。

■前歯~上の歯が下の歯を数mm程度被る状態であること
上下の歯の位置が正しいこと。

■一人ひとりの患者様に合った矯正治療
「1歯対2歯の噛み合わせ」とは、犬歯から奥歯にかけて下の歯の2本の間のくぼんでいる部分に上の歯が噛み合わさる状態(上の歯1本に対して下の歯2本の噛み合わせ)のことを指し、噛む力が最大限に発揮できる噛み合わせといわれています。
ただし、1歯対1歯になっている奥歯~下顎中切歯、上顎第3大臼歯は除きます。

矯正の治療方法と装置の種類について

全体の矯正

歯の全体を装置で固定して、しっかりと歯並びを直します。治療期間や料金もそれなりにかかりますが、何よりご自身の歯並びにあわせて最適な治療方法を提案させて頂きます。
部分矯正をご希望される方でも歯並びの状態によっては全体矯正でないと矯正が出来ないケースもあります。
まずは、初診相談より実際の口の中を診てもらい、自分にあった最適な治療方法や期間、料金を教えてもらうことが矯正治療への第一歩となります。

■ブラケット矯正
最もよく使われる、ワイヤーをつかった矯正装置です。 ワイヤーの種類も様々にございます。ご自身の歯並びの形にあわせて装置を作成して、患者様と向き合って治療に専念いたします。

■見えない矯正
ワイヤーで裏から止めたり、マウスピースをつかって、透明な矯正装置で目立たなくする治療方法です。職場や対人などで装置が気になる人にオススメの、人気の治療方法です。
見えない矯正はこちら

部分矯正

短期間で部分的に歯並びを治したいという方にオススメの矯正治療で、多くの方がこの部分矯正をご希望されますが、必ずしも誰もが部分的に、簡単に、短い期間で安く歯並びが治せるわけではありません。それぞれ人によって治療期間や料金もことなりますので、まずは一度、ご相談にお越し下さいませ。
部分矯正についてはこちら

■ブラケット矯正
部分矯正の場合は一部分のみワイヤーと金具で固定するので、歯並びの部位によっては特殊な装置を使うこともございます。

■見えない矯正
全体矯正と同様の装置を部分的に裏側から固定して止める形になります。マウスピースでの矯正に関しては歯の全体に装着します。
見えない矯正はこちら

トップページ | 当院について | 院長紹介 | 治療の流れ | 矯正について | 部分矯正 | インビザライン | クリアライナー | インコグニート | ホワイトニング・クリーニング
初診予約 | よくある質問 | 料金のご案内 | アクセス・診療時間のご案内 | skype初診相談 | お問い合わせ | サイトマップ