• 当院のコンセプト
  • アクセス・診療時間
  • 料金について
  • 初診予約

当院について

皆さんが「矯正をしたい」と思った理由は何でしょうか?また、「矯正をしたい」けど、「迷っている」
理由はございますか?
当院では、これから矯正を始める患者様に少しでも「矯正とは何か」を知って頂けるよう、症例や治療例を
交えて、詳しくご紹介しております。
「歯の矯正」について、より知識を深めることで、あなたが今、どんな歯の状態で、どのような治療を行って、
どんな歯の形になれるのか、自分なりのイメージがしやすくなるかと思います。

歯ぎしりについて 知覚過敏について 矯正でよくある質問 アクセス・診療時間のご案内 当院のアロマテラピー スマイルトレーニング 歯みがきレッスン
  • ディスキング インプラント矯正
    プロファイルチェンジ ワックス処置
  • スーパーフロス マウスガード
    リテーナー 歯間ブラシ
番号をクリックすると切り替わります

小児矯正

ムーシールド

乳歯の反対咬合では、下の歯が前に出ているのと噛み合わせが悪いため食べ物をしっかりとかみ砕きにくく、
顔面の発育が反対咬合様になります。息がもれるため、発音がうまく出来なかったりもします。
反対咬合の原因の一つは、舌が低い位置で機能していることです。
ですから、治療目標はまず、舌を挙上して上げることです。その様にバランスを取り戻す器具がムーシールド(機能的顎矯正装置)です。
就寝中使用します。取り外し出来る装置ですから、うまく使えなかったり、諸条件によっては、期待する効果を得られないこともあります。
サ行、タ行の発音に、特徴的な舌足らずのしゃべり方になります。食べ方がワニの様だ。という様な特徴が現れることがあります。
しゃべり方にも、食べ方にも問題が現れます。しかし、私たちが、治療を勧める第一の理由は、審美的な理由です。
反対咬合特有の顔貌に、劣等感を感じることがあります。心の負担を軽くし、生活の質の向上が目標です。
そこで最近注目されているのが、幼児、乳歯列期のうちに反対咬合を改善させる「ムーシールド」による治療法。
寝ている間、口に特殊なマウスピースを装着する方法です。受け口は舌の位置が低く、下あごを前に押し出すように筋肉の圧力が働きます。
マウスピースの装着で舌の位置を上げ、口の回りの筋肉を正常化することで、上あごの成長を促し、下あごの成長を抑えます。
8ヶ月~1年以内に効果があります。

ムーシールド
1.特殊なマウスピース装置
(3歳児検診時の反対咬合に対応できる
 機能的顎矯正装置)
図
2.上口唇圧を排除し、舌圧と口唇圧の
バランスを調整。低位の舌を高位で機能させ、
逆被蓋の改善を促進。
顎が前に突出
矯正前:顎が前に突出
簡単に取り外し可能
簡単に取り外し可能
装着しても殆ど目立ちません
装着しても殆ど目立ちません
矯正後:顎が正しい位置
矯正後:顎が正しい位置
簡単に取り外し可能
簡単に取り外し可能
装着しても殆ど目立ちません
装着しても殆ど目立ちません
トップページ | 当院について | 院長紹介 | 治療の流れ | 矯正について | 部分矯正 | インビザライン | クリアライナー | インコグニート | ホワイトニング・クリーニング
初診予約 | よくある質問 | 料金のご案内 | アクセス・診療時間のご案内 | skype初診相談 | お問い合わせ | サイトマップ